2012年10月04日

迷宮

51whIUnlIuL__SL500_AA300_.jpg

「迷宮」中村文則

「言い訳をしてみてください。あなたの存在に対しての言い訳を。客観的に誰もが納得できる言い訳を。」
この一文はすごい。妙に惹かれる。

最近この人の本をよく読む。最近の日本作家ではあまりみかけない、じわじわと沈んでいく内省的でどこまでも暗い世界観。どの作品も一貫して、愛情の欠落で自我が崩壊していく主人公を描く。
いわゆる謎解きも、感動的なストーリーも特にない。そこにあるのは内面の深い混乱と葛藤。そして絶望。
だからこそ、安心する。自分のダークサイドに確かに共鳴して、救われる。

他人にはすすめにくいけど、おれは好きやわ。
落ちてるときにどうしようもなく暗い音楽を聞くと安心する感覚に近い。

本作は彼の作品の中では取り立てて好きなわけではないけど、冒頭の一文が異様に気に入ったから紹介。
もし中村作品を読んでみたい人がいるなら「土の中の子供」「何もかも憂鬱な夜に」あたりをすすめます。

なんや結局すすめてるやん、おれ。


posted by しもみだい at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。