2013年05月12日

嘘つきピピン

できた!今度の弾き語りでやる新曲。
主人公のピピンはずっと構想があって描きたかったキャラクター。
嘘みたいな世界で、嘘をつく生き方しかできない彼をどうして責められようか。
悲観的なようではあるけど、それだけのつもりではない。
彼の物語のその先もまたいつか描いていきたいな。


【嘘つきピビン】

もう何度愛想尽かした王国の景色よ
僕なんかいてもいなくても違いはしないだろう
ねえちょっと前のことなのにぼやけてしまうんだ
・・・僕だって誰かを信じたことがあったんです

あなたを騙したいわけじゃない
見捨てられるのが怖いだけ
だからさ少しだけいいじゃない
許してくれませんか 許してくれませんか

シンガロン シンガロン 今はうたうたう
あなたの音を探しながら
シンガロン シンガロン 大げさな声で
僕は世界に歌を捧ぐ

「嘘みたいな世界だね、ピピン
ひとりぼっちの気分はどうだい?」

もう何度愛想尽かした王国の景色よ
僕なりに歩いてきたんだそれなりの迷路を
ねえずっと向こうの木陰で少年がみてるよ
「ダウト!」っていいそうな素振りで僕をみてるよ

あなたを騙したいわけじゃない
見透かされるのが怖いだけ
だからさ少しだけいいじゃない
許してくれませんか 許してくれませんか

シンガロン シンガロン 今はうたうたう
止まない雨に打たれながら
シンガロン シンガロン 無理やり笑って
僕は世界に嘘を捧ぐ

「くそみたいな世界だね、ピピン
ひとりぼっちの気分はどうだい?」

シンガロン シンガロン・・・
「嘘みたいな世界だね、ピピン」



posted by しもみだい at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。