2013年08月29日

Travis / Where You Stand

travis.jpg

Travis 「Where You Stand」

おかりなさい、トラヴィス。
前作から5年ぶりの新作。とはいえ、異色作やった前作の残念さを考えるともっと久々な感じ。
今作はまさにトラヴィス節と言える哀愁漂う楽曲と素敵なメロディに溢れた傑作。

ブリットポップムーブメント以降、OasisやBlurほど目立つことはなくても、着実に良作を生み出してきた彼ら。
名作2nd「The Man Who」で出会って以来、おれの人生の中でいつもさりげなくそばにいてくれた。

時代に捉われない素晴らしいメロディで、等身大でどこまでも優しく包み込んでくれる。
あえて死語を使って言うならば、まさに「エバーグリーン」な作品。

最近のライブ映像でメンバーみんながステージで肩を組んで「Flowers in the Window」を合唱してるシーンがあるんやけど、感動した。
もうみんないいおっさんやし、ボーカルのフランの前頭部はだいぶ後退してきてるけど、なんて愛すべきバンドかと思った。

最後にタイトル曲「Where You Stand」のPVを。
祈るように歌うフランがすごい好き。なぜやたらひどい目にあってるかは不明。



posted by しもみだい at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。