2013年09月03日

映画の予告編は誰が作るのか

映画の予告編が好き。
映画館での開演前とか、レンタルDVDの本編前とかに流れるやつ。
本編を見に来てるんやからいらねえ!と感じる人も多いかもしれんけど、おれは結構楽しんでる。
確かにあまりに予告編が多すぎて、本編が始まる前に疲れてしまうことはあるけどさ。
短い時間で、人の興味を惹きつける力はなかなかにすごいと思う。
実際に次に観る作品を選ぶ上でだいぶ参考になるしね。

個人的に断言したいのが、
「予告編が面白くない映画は絶対に本編も面白くない」
これはほんまにそう。ただ、逆はそうじゃない。
予告編が面白い映画でも、必ずしも本編が面白いとは限らない。

ややこしいけど要するに、予告編をみて何も惹かれるものがない映画は観ないでいいよってこと。

さてそんな映画の予告編は誰が作るのか、ふと気になった。
まさか監督がそこまで作るわけはないやろし、配給会社が作ってるのか・・・
なんて思いながら調べてみると、どうやら映画予告編専門の会社があって、配給会社からの請負で作ってるらしい。
なるほどそんな専門家集団が手掛けるから、本編がく○みたいな映画でもそれなりに面白いようにみえるんやね。
いっそのこと本編も予告編の会社がつくった方が面白かったんちゃうん、って思う映画もある。
まあ、映画と予告編ではきっと求められる要素が違うんやろうけど。


てことでいくつかお気に入りの作品の予告編を貼ってみる

ここ最近で一番よかった「ムーンライズ・キングダム」


ベタに大名作「アーティスト」


これもベタに「宇宙兄弟」
主題歌コールドプレイってとこが卑怯やわー。作中にシガーロス流れるし。


フォントリアー作品の中で、珍しく人にすすめやすい「メランコリア」
やっぱ映像きれいやわ。


少し前の作品やけど大好きな「クレイジー・ハート」



気になる作品があったら観て損はないと思うよ。

posted by しもみだい at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。