2015年05月02日

アイネクライネ

さあ明後日5/4は尼崎でライブ。
今回は新曲をひっさげてやるからお楽しみに!

この曲のイメージは、
新しい街に移り住んだ男が過ごす初めての「今日」と「今夜」
誰の人生の中にも環境が変わった初めの一日があって。
不安に押しつぶされそうになりながら、置いてきたものを振り返りながら、それでももがいて進んでいく。
その様がなんか愛おしいなと。



【アイネクライネ】

泣かないで 泣かないで そうだほら
月の光が街を抱いている
言わないで 言わないで そんなこと
僕らの旅は続いていくんだから

怖がって 怖がって 終いには
誰のことも信じられないなら
抱き合って 抱き合って 傷つけて
君の温度を感じていたい

ヘイ!トゥデイ 今夜だけは 
悲しみの歌は歌わないよ
ヘイ!トゥデイ 今も僕は
たまらなく君を求めてるよ

いつだって いつだって 一人では
「変わりたい」と願いつぶやきながら
こうやって こうやって もがいてる
昨日の僕にさよならしなくちゃな

ヘイ!トゥデイ 今夜だけは 
悲しみの歌は聞こえないよ
ヘイ!トゥデイ 叶うならば
夜明けまで僕と踊りましょう

夜空に向かい手を伸ばして 届くはずない月の方へ
確かにあった日々を思って 泣いてなんてなんてない
さっき飲み干したジンジャーエール その優しい刺激なら信じれる
今日から僕は歩き出すんだ

ヘイ!トゥデイ 今夜だけは 
悲しみの歌は歌わないよ
ヘイ!トゥデイ 今も僕は
たまらなく君を求めてるよ

ヘイ!トゥデイ 今日から僕は


posted by しもみだい at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

空色の空白

もいっちょ新曲。
「空」っていう漢字って(そら)とも(から)とも読めるよね。
そこに昔から魅かれる。空とは空っぽでありながら、僕らを包む全てでもある。
なんか数字の0に近い。
あんまり曲の説明にはなってないね。まあ、そこは聞いてみてくださいな。
心に埋められない空白を持つあなたへ。


【空色の空白】

拾ったものは何だったんだい
君の空白を埋めてくれたの
失くしたものは何だったんだい
君のトランクは空っぽじゃないでしょう

あの頃 夢見てた

グッバイ、マイ・ディア
歌を贈るよ
グッバイ、マイ・ディア
ありふれた僕の ありふれた言葉で

欲しいものは何だったんだい
僕のポケットに入ってたらよかったな
変わったものは何だってんだ
空色のスケッチを描き続けてる

あの時 聞こえてた

グッバイ、マイ・ディア
歌を贈るよ
グッバイ、マイ・ディア
頼りない僕の 頼りない言葉で

夕焼け 空 染まる
遠くで 鳥 歌う
時は流れてく 僕らも流れてく

グッバイ、マイ・ディア
ありふれた僕の 歌を贈るよ


posted by しもみだい at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

スニフのうた

スニフ.jpg

最近ムーミンの小説全巻セットをもらったので読んでるんよね。
独特の世界観がすごく楽しい。
北欧ブームの勢いでずっとムーミン流行ってるけど、意外とみんな原作読んだことないのでは。

ムーミンがかわいいのもスナフキンがかっこいいのもわかるんやけど、
画像のキャラクター「スニフ」が気になる。
小さくて臆病で泣き虫なくせに強がってばかりいる。
誰よりも人間の弱さを象徴してるようで、どうしても憎めない。
てことで気になりすぎて曲ができたのでのせとく。
1/17にやりますよ。


【スニフのうた】

困ったことは君のせいで 素敵なことは僕のおかげ
傷つくことは嫌いだけど 傷つけることは気づかないよ

ああスニフ 僕の正体に違いない
ああスニフ 君は誰よりも僕らだ

威張った顔はいっちょまえで 小さなハートを震わせるよ
怖がることを怖がってさ 何から逃げてたんだっけ

ああスニフ 誰も笑えないに違いない
ああスニフ 君は誰よりも僕らだ

キラキラ光る宝の山が ねえ眩しいでしょう
そばにおいでよ君にもあげるから ねえ逃げていかないで

ああスニフ 僕の正体に違いない
ああスニフ 君は誰よりも僕らだ
ああスニフ 誰も笑えないに違いない
ああスニフ 僕は誰よりも君だ


posted by しもみだい at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

ハロー、イエスタデイ

てことで日曜にやる新曲の歌詞。
時間をかけずに作ったけど、素直にええ曲できた!
migeoの二人との絡みをお楽しみに。


【ハロー、イエスタデイ】

傷ついた羽は全部 拾ってあげるから
僕だけに許されたダンスの相手を
過ぎ去った夢のような 静かな映画で
僕だけに許されたダンスをもう一度

ゆらゆら 言葉は 
いたずらに通り過ぎてく
ゆらゆら 僕らは
ただただ すれ違って

ハロー、イエスタデイ

入り組んだこの世界で 救ってくれたのは
無理やりに手を取ったダンスの相手で
戸惑ったわたしなんて お構いなしで
どこまでも連れさったダンスをもう一度

ゆらゆら 言葉は 
いたずらに通り過ぎてく
ゆらゆら 僕らは
ただただ 求め合って

ハロー、イエスタデイ

昨日の僕らは ほら、同じステップで
「希望」の中身さえ ほら、怖くなかった



posted by しもみだい at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

嘘つきピピン

できた!今度の弾き語りでやる新曲。
主人公のピピンはずっと構想があって描きたかったキャラクター。
嘘みたいな世界で、嘘をつく生き方しかできない彼をどうして責められようか。
悲観的なようではあるけど、それだけのつもりではない。
彼の物語のその先もまたいつか描いていきたいな。


【嘘つきピビン】

もう何度愛想尽かした王国の景色よ
僕なんかいてもいなくても違いはしないだろう
ねえちょっと前のことなのにぼやけてしまうんだ
・・・僕だって誰かを信じたことがあったんです

あなたを騙したいわけじゃない
見捨てられるのが怖いだけ
だからさ少しだけいいじゃない
許してくれませんか 許してくれませんか

シンガロン シンガロン 今はうたうたう
あなたの音を探しながら
シンガロン シンガロン 大げさな声で
僕は世界に歌を捧ぐ

「嘘みたいな世界だね、ピピン
ひとりぼっちの気分はどうだい?」

もう何度愛想尽かした王国の景色よ
僕なりに歩いてきたんだそれなりの迷路を
ねえずっと向こうの木陰で少年がみてるよ
「ダウト!」っていいそうな素振りで僕をみてるよ

あなたを騙したいわけじゃない
見透かされるのが怖いだけ
だからさ少しだけいいじゃない
許してくれませんか 許してくれませんか

シンガロン シンガロン 今はうたうたう
止まない雨に打たれながら
シンガロン シンガロン 無理やり笑って
僕は世界に嘘を捧ぐ

「くそみたいな世界だね、ピピン
ひとりぼっちの気分はどうだい?」

シンガロン シンガロン・・・
「嘘みたいな世界だね、ピピン」



posted by しもみだい at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

軽蔑

よし新曲の歌詞。
久しぶりに内向きまっしぐら。夜に包まれてしか生きられない「私」の物語。
スペシャルサンクスにゴダールと中上健次と東洋ショー。

明日あなたがいなくても、世界は困らないでしょう?


「軽蔑」

何も変わらない今日が終わって
一つ、また一つ こぼしてしまった
何も語らない雨に向かって歌う
「もしも私がいなくても 世界は止まらないから」

あなたが望む私を 今日も精一杯演じて
別に意味はないけど 息だけはやめないでいる
脱ぎ捨てたのは現実 吐き捨てたいような真実
痛いくらいの視線をちょうだいよ 私はここにいるから

何も感じないショーが終わって
一つ、また一つ 失くしてしまった
長い長いこの夜に向かって歌う
「もしも私がいなくても あなたは困らないでしょう?」

壊れるほど犯してよ それでもまだ足りないから
あきれるほど求めてよ それでもまだ足りないから

いつかタイムマシーンに乗って 生まれたての自分に出会う
別に後悔はしないけど 「きっと幸せになりなよ」

何も変わらない今日が終わって
一つ、また一つ こぼしてしまった
何も語らない雨に向かって歌う
「もしも私がいなくても 世界は止まらない」
何も感じないショーが終わって
一つ、また一つ 失くしてしまった
長い長い長い長い夜に歌う
「もしも私がいなくても あなたは困らないでしょう?」





posted by しもみだい at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

BOY

16日はいよいよセカンドラインでStoryシリーズの最終回!
今回のテーマは「Boys don't cry」ってことで少年が主人公。

いろいろ書こうかと思ったけど、主題を詰め込んだ短編曲ができたので歌詞を載せとく。
タイトルがまんまやけれども。
今回表現したいのはようするにこういうこと。
とにかくご来場お待ちしてます!


「Boy」

すりむいた膝の 傷跡は残っている
痛みをごまかさないで 受け止めたあの日
誰彼かまわず 飛び込んでって笑いあった
そこでは壁や距離なんて意味のない偶像だった

どれくらいの宝物を僕は失くして
退屈な言い訳で君を裏切って

BOY 夢は今でも視線の先にある
BOY 僕は君に笑っててほしいから

BOY・・・

すりむいた膝の 傷跡は残っている
痛みをごまかさないで 受け止めたあの日
階段を上る 目の前にまた次のステップ
そんな場面を繰り返して ようやくここまで来たんだ



posted by しもみだい at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

そうじゃない

新曲。11/19に初お披露目する予定。
きっとおれも、あなたも、そうじゃない。こんなもんじゃない。
もっともっともっともっと。そんな曲。

なんかこの曲の歌詞を描いてるとき、映画「ピンポン」で窪塚が見せた名シーン
「アーイ・キャン・フラーイ!」の場面がずっと頭の中にあった。そんな曲。



「そうじゃない」

大体こんなもんだろうといって 僕は自分自身を定義する
主役のいない映画をさ 演じ続けている
バイリンガルの子ザルに聞いた 「僕の行き先はどっちだっけ?」
想像しても創造しないから 何も生まれないよ

だけどそうじゃない、そんなんじゃないよ
僕はいつか星となる
でも痛い痛い こうやっていたいよ
僕はいつも立ち止まる

ミスター・キーランあなたみたいに 真冬の空を切り取ったミュージック
どうしようもなく透明すぎるから 今は歌えないや

だけどそうじゃない、そんなんじゃないよ
僕にだって羽がある
ああ寒い寒い 断崖の前で
僕はきっと飛べる

フォーリング・ダウン↓↓↓↓
放物線を描いて そう、ダイブ

だけどそうじゃない、そんなんじゃないよ
僕はいつか星となる
でも痛い痛い こうやっていたいよ
僕はきっと飛べる

フォーリング・ダウン↓↓↓↓
最終回の世界でスロウダンス


posted by しもみだい at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

バイバイ、ポーラベア

10/1のライブ「アニマルプラネット」で初披露する新曲の歌詞。先行公開ー。
伊坂さん好きですよねと言われたら否めないタイトルやね。
今回の主人公は白くま。
自分が知らない間に足元の氷が溶け出してて。
昨日まで当たり前だったことが、今日には当たり前のように失われてしまった。
そこに立ちすくむ孤独な放浪者の様を描きたかった。
scream部分はそんな彼の切なる叫びであり遠吠えやと思って聞いてくれたら嬉しい。



「バイバイ、ポーラベア」

眠らない街のすみっこで 静かに世界は終わってく
はじめから何もなかったみたいに
溶け出す氷の端っこで 何を見つめるのポーラベア
さよならの合図は聞こえなかった

(scream)

すべて捨て去ってしまうなら 僕の存在も忘れてよ
通り過ぎるだけの景色みたいに
いたずらにかざしたナイフで 気づかずに君を傷つけて
そこに残ったのは冷めた花だけ

(scream!)

バイバイ、ポーラベア
バイバイ、ポーラベア
もう戻らない夜を飛び越えて この七色の海を渡ります
いつか君にこの声届くなら お願いもう一度だけ笑って

(scream!!)

バイバイ、ポーラベア
バイバイ、ポーラベア
もう戻らない夜を飛び越えて この七色の海を渡ります
いつか僕のこの声届いたら お願いもう一度だけ笑って
ねえ、笑って




posted by しもみだい at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ミッドナイト・ダンサー

なんやかんやでもう真夜中。9日にStoryシリーズ第2弾「ダンサー・イン・ザ・ダーク」やるよ。
同名の映画が好きでね。もう暗くて美しくて仕方ない。
さて今回もテーマ感のある短編をやるからその歌詞を。お楽しみに!


「ミッドナイト・ダンサー」

そっとリフレクションを愛撫して
はるかアイデンシティを漂って
君の最大限の体温に触れる僕は

鳴らせハイテンションなキッキングビーツ
この夜のカーテンが開くまで
君の最大限の煩悩に揺れる僕は

NIGHT!NIGHT!NIGHT!ミッドナイト・ダンサー


posted by しもみだい at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

光の旅

あさってのライブに向けて、なんかポンと曲ができた。
「Story1 光について」の主題曲みたいな。
短い曲やけどやれたらやろかな。弾き語りでも。なんか気に入ったし。


「光の旅」

思いのほか大きな目隠しで
僕の世界は光を知らない
ずいぶんと重ねた化粧の裏で
マトリョーシカは泣いている

光について口にしても
何か変わるわけではないけど
光について考えてみたら
僕にも明日があるような気がして

行くあてのないロードムービー
失くした光のストーリー
確かな幻みたいな
透明な月を眺めて
行くあてのないロードムービー
終わらない光のストーリー
この夜の向こうにはきっと
トンネルの向こうにはきっと

まだ目隠しはとれないままだ
手探りで進む光の旅


posted by しもみだい at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

僕と太陽の距離

ようやく発表できるな。新曲。
石本のおかげでお預け期間が長かったけど、ようやくお目見え。
次のライブで聴けるよきっと。

テーマは光。
ナイト・オン・ザ・プラネットで夜を歌って、そこから少し踏み出した。自分にはない光に憧れたお話。
自分としては非常に新鮮な気持ちやね。今までの曲とは結構違うんやないやろか。
からっぽの空に手を伸ばしてみた。そんな感じ。


「僕と太陽の距離」

時計の針は午前二時 30秒だけファンタジー
君は僕より少し早く ムーンライトの旅にでる
不確かな夜が怖いなら 確かな歌を歌うから
いつものように声を聞かせて

君との距離を測って ないものねだりのウェンズデー
ガラスの街は今日も続く 悲しみの音色響かしてる
何か足りないと言うなら ないないないって言うなら
僕がその穴埋めてあげるよ

ヘイ!ラブ・ミー・サンシャイン からっぽの空に手を伸ばして
ねえ、愛してんだ 僕のかけらを照らしてよ

そしてあらゆる未来で 僕と君は繋がって
まっさらな地図で歩いていく 君だけの花探しに行く
3・2・1の合図で ジャバウォックの森すら超えて
きれいに汚れた世界で踊れ!

ヘイ!ラブ・ミー・サンシャイン からっぽの空に手を伸ばして
ねえ、愛してんだ 孤独のかけらと踊りましょう
ヘイ!ラブ・ミー・サンシャイン いつしか光に触れたくて
ねえ、感じてんだ もっと近くに ずっと近くに

a long time ago,a long time ago・・・
君が生まれる千年も昔の
星の光が今日を照らすなら
僕らが描く千年の未来も 
君の光でそっと照らして

ヘイ!ラブ・ミー・サンシャオン からっぽの空に手を伸ばして
ねえ、愛してんだ 僕のかけらを照らしてよ
ヘイ!ラブ・ミー・サンシャイン いつしか光に触れたくて
ねえ、感じてんだ もっと近くに ずっと近くに


posted by しもみだい at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

ナイト・オン・ザ・プラネット

新しい曲の歌詞。
個人的にずっと「こんな雰囲気の曲つくりたいわあ」と思ってたものがようやく形にできた。
ほんまにようやく。だからすごくお気に入り。
スペシャルサンクスとして同タイトルの映画をつくったジム・ジャームッシュと大好きな出演俳優たちに感謝。
あと神崎川にも感謝。

この惑星では今日もたくさんの夜が流れてて、そのひとつを描いてみたよ。



「ナイト・オン・ザ・プラネット」

100分の1の確率で 今より幸せになれるとして
それを信じて飛べないのは 99の魔物ばかりみてるから

ロンドのリズムで行き交う人 そっちの水だって甘くはないよ
バンコレのタクシーで彼女は言う 「見えないものは美しいでしょう?」

チムチムニー、チムチムニー
ほらあいまいな空に鳥たちは歌う
陽だまりの歌を 暗がりの歌もね
絶望も切望も 全部ごちゃまぜになったこの夜を歌う
聞こえるかな 聞こえてるかな

こんな夜だから 空に絵を描いて
そっとそっと あなたを浮かべてみる
無邪気な夢なら せめて覚めないで
僕はいつも 欲しがって 失って 欲しがって
そして誰もいなくなった・・・

神崎川にゆれる光 確かなものなんて一つもないよ
正しい嘘に汚されても 「ねえ、信じることは美しいでしょう?」

チムチムニー、チムチムチムニー
この惑星で僕ら繋がっている
静かに続く 終わらないロードムービー
さよならなんて言わないで 僕がなんべんだって歌うから
聞こえるかな 聞こえるでしょう?

こんな夜だから 空に絵を描いて
ずっとずっと あなたを歌っている
無邪気な夢なら どうか覚めないで
僕はいつも 欲しがって 失って 欲しがって
あなたの声探すんだ・・・

ナイト・オン・ザ・プラネット



posted by しもみだい at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

脱走金魚〜The Great Escape〜

はい、夜も更けて日も変わり今日はいよいよイベントですね。
ただいまスタジオから帰ってきた。ちなみに直前の練習やのに寝坊して遅刻してしまったよね。ごめんよねほんとうに。

てなわけで明日やる新曲の歌詞を。めっさぎりぎりやん。間に合ってよかった。
まだ仮やけどサブタイトル的なものをつけてみた。外国映画の原題みたいにしてみたくて。
ちなみにこの曲はスタジオ中にギターjk氏が話してた金魚が脱走して靴の中でひからびていたというエピソードを元に想像と妄想をふくらませて作りました。
そうまでして彼(彼女?)の衝動を駆り立てたのは一体なんやったんやろう。



脱走金魚〜The Great Escape〜

動かないでも救いがあるなら それを待ってみようと思ってた
誰かここからすくいとってよね この景色もそろそろ飽きてきたな
ハイ、もっと高く跳べれば・・・はい、そんなの言い訳です
それは誰より僕がわかってる 意気地なしが憧れたエスケープ
軽やかなエスケープ!

ねえ、ねえ 光のしっぽがね
ねえ 手招きするからさ
さあ ガラスの向こうに僕の知らない僕がいる
ベイビー、ベイビー 脳内ステレオ
ベイビー、ベイビー 聞こえるよ
ねえ、ねえ 願い続けたら僕も羽ばたけるかなあ

脱走金魚 脱走金魚 本気になったらおしまい

今は今に今じゃなくなるから 明日を迎えにいこうと決めたんだ
怖くなくなくなくなくないけど ええい、ままよ 今こそエスケープ
グレイトなエスケープ!

ねえ、ねえ 光のしっぽがね
ねえ 目の前にあってさ
さあ ガラスの向こうに僕の知らない君がいて
ベイビー、ベイビー 脳内レディオ
ベイビー、ベイビー 連れてってよ
ねえ、ねえ ドアをくぐれたら僕も輝けるかなあ

脱走金魚 脱走金魚 こんがらがってきたな
脱走金魚 脱走金魚 本気になったらまちがい?

脱走金魚 脱走金魚 こんなところにいたくないよ
脱走金魚 脱走金魚 もうすぐ息も止まりそうさ
脱走金魚 脱走金魚 日進月歩 月金で週5
六法全書 爆音トレント きっとこれってハッピーエンド

ねえ、ねえ 光のしっぽがね
ねえ 見えなくなっていく
ああ ガラスの向こうに相も変わらず僕がいた
ベイビー、ベイビー 脳内ステレオ
ベイビー、ベイビー 聞こえるよ
ねえ、ねえ 消えていく僕はとてもきれいに見えるでしょう?

脱走金魚 脱走金魚
(動かなくなっておしまい)



posted by しもみだい at 03:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

最悪

新曲の歌詞。
上手くいけば8日のセカンドラインでやるかも。
タイトルは「最悪」。潔いネガティブワード。
そう、全部は偽物かも知れない。


「最悪」

絡まりあったしがらみの芽
つかみそこなったモンマルトル
ガラスのコップはぐらついて
消えてなくなったシャンディーガフ

乾いたガイコツ 今日も飢えて歌う
パラッパラッパラ ちょっと狂れて歌う

寂しさに酔ったあたしが好き
だけど甘えるあなたは嫌い
感じることを忘れてから
全身麻酔のオー!シスター

そら乾いたガイコツ 今日も飢えて歌う
パラッパラッパラ ちょっと狂れて歌う いつだって 

最悪なフィクション 回る回る作られたストーリー
最悪なフィクション 君は君は偽者のウォーリー
間違ったのはおれか?世界か?

乾いたガイコツ 今日も飢えて歌う
パラッパラッパラ ちょっと狂れて歌う

全部フィクション 回る回る作られたストーリー
最悪なフィクション 君は君は偽者のウォーリー
最悪なフェイクショー 回る回る 絶望も回る
最悪なフェイクショー 信じたのはジンジャーのフレーバー
間違ったのはおれか?世界か?
欲しかったのはこんな世界か?


posted by しもみだい at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

緑の獣

最近また自分の分身たる新曲作りをしてる。
ちょっと前に完成近くまでいってぽしゃった曲があるだけに、今度は上手く育ってほしいと願います。
今回は、前の曲を作ってるときとは自分の向き合い方が全然変わったしきっと大丈夫。
うん、きっと大丈夫。
当時は「悪くないけど何かが足りない」という出口の見えない迷宮に迷い込んでしまって泣く泣く見送ったんよね。

とはいえこのまま全く日の目をみないのも切ないので、歌詞だけここにアップしとこうと思います。・
追悼の意味をこめて。

近いうちに、今作ってる曲の歌詞をちゃんと新曲として発表できることを祈って。



「緑の獣」

夜の片隅で ちょっと不出来な獣は
歌を歌ってる 歌を歌ってる
直ちに咲くような 楽な花じゃないなら
魔法を唱えてさ

レイニーレイニーレイニーダンシング
憂いに、憂いに、憂いに、憂いに酔って踊れ 間違わずに
レイニーレイニーレイニーダンシング
藍に、藍に、藍に、藍に舞って踊れ 始まるまで

ナイトタイム・ミュージック
この夜は僕らの舞台だ
曖昧な空さえ笑う アイム・グリーンモンスター
ナイトタイム・ミュージック
抱きしめる僕だけのスパイダー
壮大なドラマで迎えよう アイム・グリーンモンスター

太陽が怖いから ちょっと奥手な獣は
歌を歌ってる 歌を歌ってる
今こそその時 眠りつかれた勇者の出番
飛び出せ

レイニーレイニーレイニーシンギング
愛に、愛に、愛に、愛に狂って歌え伝わるまで

ナイトタイム・ミュージック
この夜は僕らの舞台だ 
平凡な正論なんてごめんだいらない アイム・グリーンモンスター
ナイトタイム・ミュージック
感じてよ僕だけにスパイダー
最高のシネマを贈るよ アイム・グリーンモンスター

ジャームッシュが描くような この夜が明ける前に
さあ6つ感情鳴らして 大げさに歌えモンスター

ナイトタイム・ミュージック
この夜は僕らの舞台だ
曖昧な空さえ笑う アイム・グリーンモンスター
ナイトタイム・ミュージック
抱きしめる僕だけのスパイダー
壮大なドラマで迎えよう アイム・グリーンモンスター



posted by しもみだい at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

トリックスター!

歌詞でーけーたー。

トリックスターってペテン師って意味もあるけど、神話とかで常識を破って物語を引っ掻き回す人のことも言うんよね。
ロキとかプロメテウスとか。
なんかいいよね。



「トリックスター!」

ほら象徴の雨は 今じゃすっかり止んでる
淡い空は歌になって 君の街にも響いてく
生ぬるいアスファルトが 涙を吸いつくしたら
そうやって位置について 次の「せーの」でジャンプしよう 

君は世界を盗んだ いたずらなトリックスター! 
かすかな匂いを残して 消えない温もりをこぼして 
本当の答えなんてさあ 本当の答えなんてさあ
知らないけど見えた気がした 白い未来 広い未来 

かき乱してよ 君はトリックスター!

柔らかなまなざしに 息の仕方を思い出す
あふれ出したかけら達が キラリキラリと反射する 
やあ、ボーイ 例えばこれは君がなくした感情のたぐい
そうやって位置について 次の「せーの」でジャンプしよう 

僕は世界を嫌って 逃げ出した共犯者だ
確かな思いにすがって 不確かな思いに祈って
本当の自分なんてさあ 本当の自分なんてさあ
知らなくていいそんな気がした ただ未来を みたいみたい

かき乱してよ 君はトリックスター!
つかまえるから 笑ってみてよ

君は世界を盗んだ いたずらなトリックスター! 
かすかな匂いを残して 消えない温もりをこぼして 
本当の答えなんてさあ 本当の答えなんてさあ
知らないけど見えた気がした 白い未来 広い未来 

かき乱してよ 君はトリックスター!
つかまえるから 笑ってみてよ

posted by しもみだい at 02:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

Mr.ラビット

あーやっとできたラビットさん。
新曲の歌詞。
この曲すごく好きなんやけど、去年からずっと形にできずにもやもやむやむやしとった。
大体の歌詞は最初から出来てたんやけど、時が経つと歌いたいことも変わるわけで結構改定した。

あーすっきり。
ようやくラビットさんの呪縛から解き放たれた。
あとは溜め込んだパワーでガツンと曲が飛び立ってくれるやろ。
どうぞお楽しみに!

しかし歌詞にびっくりマーク多いなこの曲。


「Mr.ラビット」

さあ右の耳を立てて 僕は君の味方だよ
逃げるから怖くなる 昔から決まってたこと

肩身の狭い都会の宇宙を
さまよう僕らは ふらりふらり流されて
酔ったふりして わざとらしく泣いて
ひねくれたロックで腰から踊る 
YES!ダンス!

奥に隠した つぎはぎのプライド 
捨てるつもりなんてないね、ないね、ないね、ないね、そうさ
シャイな孤独を 代わる代わる抱いて
「寂しい」を理由に死ねそうです

神様
この素晴らしい世界は 僕らに優しくはないけど
ほらモノクロの空にさ 虹がキラキラ

さあ跳べ!! Mr.ラビット

さあ右の耳を立てて 僕は君の味方だよ

臆病すぎる 僕のペンシルロケット
今こそ火を吹け そらダイナダイナダイナダイナマイト!!
月に届きそう 起死回生のジャンプだ
「寂しい」を理由にゃ死ねないです

神様
この素晴らしい世界は 必ず正しくはないけど
ほらモノクロの空にさ 虹がキラキラ

さあ跳べ!! Mr.ラビット

さあ右の耳を立てて 僕は君の味方だよ
見えるから見なくなる 目を閉じれば連れてってやる

さあ跳べ!!!! Mr.ラビット


posted by しもみだい at 01:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

ホワイトガール、踊れ

新曲の歌詞。このブログの読者さんに先行公開〜。
こんなに優しい曲ができたのは自分にとって初めてだ。

おれはここで歌っているから、君はそこで踊れ。
どうか、君が寒さに震えませんように。


「ホワイトガール、踊れ」

白がさらう、さらう、さらう 
吐き出す息を 優しく撫でる 
街は暮れる、暮れる、暮れる
淡く照らされ、旅路は続く

君が描いた風景を 僕はいつも探している
途切れた言葉のその先を 僕は今でも待っている

君はホワイトガール 雪降る街角で
宙に手をかざして踊る
きっと 君の瞳にはもう
僕は映りやしないだろう

白がさらう、さらう、さらう 
吐き出す息を 優しく撫でる 
街は暮れる、暮れる、暮れる
淡く照らされ、旅路は続く

そう君はホワイトガール 星降る街角で
僕の知らない歌を歌う
いつかまた道が重なれば
ぎゅっと手をつないでみよう

君と僕の物語は もう同じものではないけれど
精一杯の呼吸で 今も同じ時間を生きている
どうか、君が寒さに震えませんように
どうか、君のジャンプ!が空に届きますように

ただ、祈る

君はホワイトガール 雪降る街角で
宙に手をかざして踊る
きっと 君の瞳にはもう
僕は映りやしないんだよ

ホワイトガール、踊れ
ホワイトガール、踊れ


posted by しもみだい at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

真夜中の5分前

明日やります新曲。
うーん暗い、cry、クライ。


「真夜中の5分前」

実感のないリアルな世界だ 迷子っていうならそうだろ
この道は正しく続いているかい? いつかいつか掴みたい

Uh 黒に向かうグレー 
僕は いつだってそうだ 夜に怯える
Uh 黒に向かうグレー 
なんてハイなステージだ We Know・・・

望みもしない答えを知るのです

ふと気づけば 生きる意味はどこいったっけ? 一人きりじゃうまく笑えないや
そう夜が暗いのは あの星をみるためだって いつかいつか思いたい

Uh 黒に向かうグレー 
僕は いつだってそうだ 夜に飲まれる
Uh 黒に向かうグレー 
そうだディスタイム=ショウタイム We Know・・・

残酷な答えを知るのです

Uh 黒に向かうグレー 
僕は いつだってそうだ 夜に怯える
Uh 黒に向かう、黒に向かうグレー 
ハイなステージだ We know・・・WE,NO!

夜明け前の匂いを探して眠るのです
posted by しもみだい at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。