2015年01月16日

空色の空白

もいっちょ新曲。
「空」っていう漢字って(そら)とも(から)とも読めるよね。
そこに昔から魅かれる。空とは空っぽでありながら、僕らを包む全てでもある。
なんか数字の0に近い。
あんまり曲の説明にはなってないね。まあ、そこは聞いてみてくださいな。
心に埋められない空白を持つあなたへ。


【空色の空白】

拾ったものは何だったんだい
君の空白を埋めてくれたの
失くしたものは何だったんだい
君のトランクは空っぽじゃないでしょう

あの頃 夢見てた

グッバイ、マイ・ディア
歌を贈るよ
グッバイ、マイ・ディア
ありふれた僕の ありふれた言葉で

欲しいものは何だったんだい
僕のポケットに入ってたらよかったな
変わったものは何だってんだ
空色のスケッチを描き続けてる

あの時 聞こえてた

グッバイ、マイ・ディア
歌を贈るよ
グッバイ、マイ・ディア
頼りない僕の 頼りない言葉で

夕焼け 空 染まる
遠くで 鳥 歌う
時は流れてく 僕らも流れてく

グッバイ、マイ・ディア
ありふれた僕の 歌を贈るよ


posted by しもみだい at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・弾き語ります!

フライヤー.jpg

さて、いよいよ迫ってきた1/17の詳細をあらためて。
やっぱり行きたいって人は是非お早めに!待ってるよー!

1月17日(土) @心斎橋 酔夏男
地図はこちらhttp://r.goope.jp/yokanise/about

陽奈 pre.『琴線と遊ぶ vol.1』

ヒグチアイ
禅≒seek
愛奈
オオタ13月
アン
シモミダイ

open18:00 start18:30
adv \2000+drink

〜ご予約は下記方法で〜
@shimomidai@gmail.comへメール
Aツイッター@shimomidaiへダイレクトメッセージ
もしくは直接言うなり、facebookでもブログのコメントでもOKです。
お名前・枚数をお忘れなく。
posted by しもみだい at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

スニフのうた

スニフ.jpg

最近ムーミンの小説全巻セットをもらったので読んでるんよね。
独特の世界観がすごく楽しい。
北欧ブームの勢いでずっとムーミン流行ってるけど、意外とみんな原作読んだことないのでは。

ムーミンがかわいいのもスナフキンがかっこいいのもわかるんやけど、
画像のキャラクター「スニフ」が気になる。
小さくて臆病で泣き虫なくせに強がってばかりいる。
誰よりも人間の弱さを象徴してるようで、どうしても憎めない。
てことで気になりすぎて曲ができたのでのせとく。
1/17にやりますよ。


【スニフのうた】

困ったことは君のせいで 素敵なことは僕のおかげ
傷つくことは嫌いだけど 傷つけることは気づかないよ

ああスニフ 僕の正体に違いない
ああスニフ 君は誰よりも僕らだ

威張った顔はいっちょまえで 小さなハートを震わせるよ
怖がることを怖がってさ 何から逃げてたんだっけ

ああスニフ 誰も笑えないに違いない
ああスニフ 君は誰よりも僕らだ

キラキラ光る宝の山が ねえ眩しいでしょう
そばにおいでよ君にもあげるから ねえ逃げていかないで

ああスニフ 僕の正体に違いない
ああスニフ 君は誰よりも僕らだ
ああスニフ 誰も笑えないに違いない
ああスニフ 僕は誰よりも君だ


posted by しもみだい at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

弾き語ります!

ご無沙汰すぎるねー。
年明けにひっさしぶりに弾き語りやります。
第一報の告知をば!
詳細は追って。よかったら是非予定空けといてください!
さて何の曲やろかな。

2015年1月17日(土) @心斎橋 酔夏男
陽奈pre.『琴線と遊ぶ vol.1』

禅≒seek
愛奈 (ex.FIZZ)
アン (カナタ from.広島)
シモミダイ (ex.モーグリパラシュート)
詳細カミング・スーン!

〜ご予約は下記方法で〜
@shimomidai@gmail.comへメール
Aツイッター@shimomidaiへダイレクトメッセージ
もしくは直接言うなり、facebookでもブログのコメントでもOKです。
お名前・枚数をお忘れなく。
posted by しもみだい at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

Coldplay / Ghost Stories

ghost-stories-1400095149.jpg

Coldplay「Ghost Stories」

これは絶対に書きたかったレビュー。
待ちに待った(といっても3年やけど)コールドプレイのニューアルバム。
これがもう最高すぎて。

前回の「Mylo Xyloto」の時も下記の通り絶賛してたけど、
http://shimomidai.seesaa.net/article/234372628.html
今回のアルバムは全く毛色が違って最高。

前作ではどこまでもポップでカラフルなところに行きついた彼らが、次にどんなものを作るか楽しみにしてた。
少し前にVoクリスが「僕らはまだ自分たちの『KID A』を作ってない」っていう発言をしたり、先行で公開された「midnight」がbon iverかと思うような曲調やったこともあって実験作になるんやろうことは何となく予想してた。
ただ、逆に聞きにくいキャッチーさのない難解なアルバムになる予感もしてた。

実際に聞いてみると、なるほど確かに彼らのこれまでからすると新境地の実験作。
でもどこまでも聞きやすくて心地が良い。モノトーンの夜の物語。ただただ陶酔。
ジャケットの世界観そのままの「静謐」なアルバム。
これは絶対に曲単位じゃなくてアルバム全体で聞くべき。
各所で言われつくしてるけど、抑制と静寂の序盤から、「A Sky Full Of Stars」で一気に開放される絶頂感がたまらない。

何より、しばらく薄れてた1stアルバム「Parachute」の時の独特の手触り(耳障り?)が戻ってきてるのが嬉しい。
言葉にしにくいけど、1stが好きな人は今作の1曲目を聞いたら納得してもらえると思う。

前作のバンドサウンドやキャッチーさを求める人はきっと物足りないやろうね。
ただ、初期から好きな人は絶対に感じるものがあるはず。
自分としてはもう今年ベストになりそうやな。
単独来日を切に願います。

この「magic」のPVも好き。



posted by しもみだい at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

ホーリー・モーターズ

ホーリーモーターズ.jpg

「ホーリー・モーターズ」

さて、久々やけどいきなりの更新。
今年観た中で今んとこ一番の映画。すごかった。
別の作品で予告編を見て何か魅かれたんやけど、内容が全く見えんかった。
実際に見てみて、やっぱり内容は見えんかった笑
ただ、圧倒的な映像力と構成力でぐいぐいと引っ張られる。
最近多い「スタイリッシュ」のはき違えみたいな作品群とは一線を画してる。

ドニ・ラヴァン演じる「オスカー」という正体不明のおっちゃんが主人公。
職業と言えるのか定かではないけど、様々な人格を演じ、様々な人の人生に少しずつ関わっていく。
それぞれの人間の「生きる瞬間」がテーマなようでもあるし、あくまでそれを観察しているだけの傍観者的作品のようにも受け取れる。
冒頭と終盤に監督のレオン・カラックス自身が見え隠れする仕掛けも面白い。

部分的にミュージカル要素が入ってみたり、音楽の使い方も突飛でないのに斬新で効果的。
予告にもある、大勢の集団を引き連れて歩きながらの演奏シーンは圧巻。
ストーリーをなぞるだけの映画に飽き飽きしてる人には是非みてほしい。
なんというか怪作。

予告編貼っとこ


posted by しもみだい at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

映画の予告編は誰が作るのか

映画の予告編が好き。
映画館での開演前とか、レンタルDVDの本編前とかに流れるやつ。
本編を見に来てるんやからいらねえ!と感じる人も多いかもしれんけど、おれは結構楽しんでる。
確かにあまりに予告編が多すぎて、本編が始まる前に疲れてしまうことはあるけどさ。
短い時間で、人の興味を惹きつける力はなかなかにすごいと思う。
実際に次に観る作品を選ぶ上でだいぶ参考になるしね。

個人的に断言したいのが、
「予告編が面白くない映画は絶対に本編も面白くない」
これはほんまにそう。ただ、逆はそうじゃない。
予告編が面白い映画でも、必ずしも本編が面白いとは限らない。

ややこしいけど要するに、予告編をみて何も惹かれるものがない映画は観ないでいいよってこと。

さてそんな映画の予告編は誰が作るのか、ふと気になった。
まさか監督がそこまで作るわけはないやろし、配給会社が作ってるのか・・・
なんて思いながら調べてみると、どうやら映画予告編専門の会社があって、配給会社からの請負で作ってるらしい。
なるほどそんな専門家集団が手掛けるから、本編がく○みたいな映画でもそれなりに面白いようにみえるんやね。
いっそのこと本編も予告編の会社がつくった方が面白かったんちゃうん、って思う映画もある。
まあ、映画と予告編ではきっと求められる要素が違うんやろうけど。


てことでいくつかお気に入りの作品の予告編を貼ってみる

ここ最近で一番よかった「ムーンライズ・キングダム」


ベタに大名作「アーティスト」


これもベタに「宇宙兄弟」
主題歌コールドプレイってとこが卑怯やわー。作中にシガーロス流れるし。


フォントリアー作品の中で、珍しく人にすすめやすい「メランコリア」
やっぱ映像きれいやわ。


少し前の作品やけど大好きな「クレイジー・ハート」



気になる作品があったら観て損はないと思うよ。

posted by しもみだい at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

Travis / Where You Stand

travis.jpg

Travis 「Where You Stand」

おかりなさい、トラヴィス。
前作から5年ぶりの新作。とはいえ、異色作やった前作の残念さを考えるともっと久々な感じ。
今作はまさにトラヴィス節と言える哀愁漂う楽曲と素敵なメロディに溢れた傑作。

ブリットポップムーブメント以降、OasisやBlurほど目立つことはなくても、着実に良作を生み出してきた彼ら。
名作2nd「The Man Who」で出会って以来、おれの人生の中でいつもさりげなくそばにいてくれた。

時代に捉われない素晴らしいメロディで、等身大でどこまでも優しく包み込んでくれる。
あえて死語を使って言うならば、まさに「エバーグリーン」な作品。

最近のライブ映像でメンバーみんながステージで肩を組んで「Flowers in the Window」を合唱してるシーンがあるんやけど、感動した。
もうみんないいおっさんやし、ボーカルのフランの前頭部はだいぶ後退してきてるけど、なんて愛すべきバンドかと思った。

最後にタイトル曲「Where You Stand」のPVを。
祈るように歌うフランがすごい好き。なぜやたらひどい目にあってるかは不明。



posted by しもみだい at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

shikisai.jpg

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹

IQ84に続き、話題性によって大量の在庫切れを生んだ村上春樹の最新作。
少し乗り遅れたけどようやく読めた。
読み終わってからちょっと各所のレビューとか読んでみたけど、予想通り評価真っ二つ。
というより酷評の方が多いんかな。それもわかるっちゃわかる。

これだけ売れてる作家であれば(本来これだけ売れるべきではないと思ってるけど)読者それぞれで、求める「春樹像」が多岐にわたるのは仕方ない。
IQ84の方が、ミステリー要素が強いだけ万人受けするのもよくわかる。
でもおれとしてはもうね、素晴らしかった。

春樹作品では久々に、ストーリー全体を覆う喪失感・寂寥感。
自らを空っぽの容器みたいだと認める主人公つくるの葛藤と妄想とを静かに描く。
いつものように、特に何も解決しないし救いがあるわけでもない。
孤独を埋めるための「巡礼」を追った、極上のロードムービーみたいな作品。

あるいは彼のファンなら必ず反応する春樹節も全開やし、非常に満足。




posted by しもみだい at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハロー、jACK LION

jack.jpg

先日のmigeo企画”ロケットがなくても”@茨木JACKLIONきてくれた方々ありがとう!
非常に温かい空気の中、やりたいようにやらしてもらいました。
migeoとのセッション曲もうまい具合にやれたしよかったなー。
男女混声での曲を考えたりすることはあんまなかったし、いろいろ新鮮で面白かった。

楽屋でも和気あいあいと接してくれた共演者の方々に感謝。
そんで何より主催者のmigeoありがとー!
赤石カリーも美味なり!!

☆セットリスト☆
1.光の旅
2.脱走金魚
3.嘘つきピピン
4.ナイト・オン・ザ・プラネット
5.フアイデー・スターライト(feat.赤石)
6.ハロー、イエスタデイ(feat.migeo)

posted by しもみだい at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。